キャーンプ!とぅ!

スポンサーリンク
この記事は約2分で読めます。

こんにちは〜
ままっちサポーターのるーおぱんぱんでございます。

道南限定かも知れませんが、8月の不安定な天気もようやく過ぎ去ったのか、カラッと晴れてるのに涼しい日が増えて来ましたね。
子ども達は外で遊びやすい日が増えそうで何よりです。

さてさて。
本日はお盆休みについて。
我が家は何処に行ってきたかと言いますと、
京極町のスリーユーキャンプ場にキャンプに行ってきました。

キャンプ場 | 観光・イベント | 北海道京極町公式WEBSite
活力湧き出る みどり美しい 水のまち

京極町というのは、留寿都や倶知安町の隣で、お水の美味しい小さい町です。

なんでそこ?
と思う方もいらっしゃるかも知れませんが、理由が色々とありました。

①羊蹄山のふもとキャンプ場だということ。

わたくし、山が好きなんですね。(どうでもいい情報)
今のところ登りまではしていないですが、死ぬまでには富士山に登りたいと思っております。
なので富士山に似た羊蹄山が好きなんです。
蝦夷富士ですね。ステキ。

②温泉がいい。

[温泉]みる・たのしむ | 京極町観光協会

何か特徴があるかと言われると素人には分からないですが、お掃除がゆき届いていて、とても綺麗なところや、湯冷めのしないお湯が気持ちいいんです。
また入りたくなる温泉です。
ちなみに、キャンプ中に毎日行ってたら、この人いつも来るな…と思われたのか、ポイントカードいただきました。ありがとうございます。また行きます。

③あとは安い、など。
キャンプが流行っているからか、テント一張4000円とかかかるキャンプ場もありますが、
ここは500円!ワンコイン!芝生!
そして道の駅近い!水が美味しい(ウイスキー水割りの方がおります)、パークゴルフできるなど、子ども達が飽きない施設もちゃんとあります。

当初、パークゴルフしよう!と意気込んで行ったのですが、結局○イソーで買った凧を上げてました。
最初、上がるんか?と思ってたんですが、これがめっちゃ上がるんですね。
上がりすぎてテントに引っ掛かり、オート凧になってました。

オート凧を見上げる2人↓

凧は冬の風物詩ですが、北海道は雪が凄いので、あまりご縁がありませんでしたが、これがなかなか面白かったです。
子ども達が1個しか無い凧を取り合う程…。
5歳の娘も上手に上げてました。
これから風の強い季節になるので、バンバン上げたいと思います。(お前がか)

皆様もキャンプ…いや凧を上げてみてはいかがでしょう。
面白いですよ。

タイトルとURLをコピーしました